板橋区演奏家協会のサイトです

内田裕見子 第23期

武蔵野音楽大学卒業。同大学大学院修了。在学中、福井直秋記念奨学金を受ける。武蔵野音楽大学同窓会千葉県支部新人演奏会に出演。「カルメン」「カヴァレリア・ルスティカーナ」「フィガロの結婚」「コシ・ファン・トゥッテ」「魔笛」「ヘンゼルとグレーテル」「椿姫」「魂と肉体の劇」「ヴェニスに死す」「アバラ城の恐怖」「喜びの街への道」等 のオペラの他、ヴィヴァルディ「グローリア」、ペルゴレージ「サルヴェ・レジーナ」、モーツァルト「戴冠ミサ」等の宗教曲のソリストや、日本歌曲をはじめ、各種数多くのコンサートに出演してい る。2014年の本公演では「トゥーランドット」にて宦官役ピンを演じた。1992年ロッシーニ国際オペラコンコルソ本選出場、板橋区第23回クラシック 音楽オーディション合格。東京室内歌劇場会員。故 吉池道子、故 ジャンフランコ・パスティネの両氏に師事。