板橋区演奏家協会のサイトです

石井りりこ 第19期

中2よりミュージカル、チャペルコンサート等に多数出演。昭和音楽芸術学院(首席・校長賞)、(財)日本オペラ振興会オペラ歌手育成部修了後、数度に亘り 渡欧、声楽・オペラ・呼吸法・発声法の研鑽を積む。イタリアでは、L.パルンボ、P.ヴェントゥーリ各氏のもと、野外オペラコンサート、オペラ<リ ゴレット>にソリスト(小姓役)として出演。ウィーンでは、G・W・ミッテンドルファー、G・レーマン各氏に師事し、A・ストゥルナート氏と共に、 オーストリア国内にて各地のサロン・教会コンサートに出演。 日本では、川崎音楽賞・ひろば賞コンクール。第17回日本クラシック音楽コンクール全国大会、第36回TIAA全日本クラシックコンサート等数多くのコン クールで優秀賞を受賞。<椿姫>ヴィオレッタ、<ボエーム>ムゼッタ、<リゴレット>ジルダ、<コジ・ファ ン・トゥッテ>デスピーナ、<魔笛>パミーナ・夜の女王、<夕鶴>つう役など各オペラでも好評を得ている。 近年は、母国語である日本語の歌に力を注ぎ、ジャンルを越え、各地で精力的にコンサート活動を行っている。また、音楽普及活動として、保育園、小学校、病 院、福祉施設等においても、出張でミュージカル、オペレッタの公演・コンサート等を行い、マイクを使わない本物の声、空気の振動の素晴らしさ、癒しの空間 を伝えるため、全国を廻っている。 現在、神奈川県立大船高校ヴォイス・トレーナー、クラブツーリズム文化カレッジ講師、アンサンブルりり主宰。