板橋区演奏家協会のサイトです

槇 維子 第36期

ヴィオラ奏者の父のもと、幼少より音楽に親しみ、4歳よりヴァイオリンを始める。 東邦音楽高等学校卒業。尚美ミュージックカレッジ卒業。 在学中三年間にわたりコンサートミストレスをつとめる。母校オーケストラにてビオラを始め、現在はビオラ奏者としても活動している。卒業後は自宅でバイオリン教室を開く他、オーケストラ、室内楽、イベントやボランティアでの演奏など、フリーで活動している。フェリチタカルテット、アンサンブル・アミメンバー。2004年〜『ラッハナー・アンサンブル協会』の活動に参加。ヴァイオリンを岡 礼子、蓬田清重、中嶋郁子、花崎淳生、出口理佳子の各氏に師事。ヴィオラを李 善銘、出口理佳子の各氏に師事。室内楽を岡 礼子、植村理一、小室昌広、福島有希子、廣瀬太一の各氏に師事。